増屋記念基礎研究
振興財団について
助成事業について 助成事業提出書類について
   
増屋記念基礎研究
振興財団について

設立の趣旨
 近年、日本を取り巻く環境は、国際関係や地政学的リスク、内政・経済・環境問題といったあらゆる面で大転換期を迎えています。世界的にも格差の問題が生じており、社会構造や価値観が大きく変化していると思慮しています。
 このような時こそ、未開拓の研究分野に、独創性を持って人類の豊かな発展に役立つ工学の基礎研究が重要であり、このことが日本の未来を明るくしていくものと信じております。
 そこで、工学の基礎研究を志す個人、団体を支援することにより社会の繁栄に寄与することを切に願い当財団を設立いたしました。より良い社会の実現に向けて、引き続き努力してまいりたいと思います。


                           増屋記念基礎研究振興財団
                       代表理事 : 前泉 正信

増屋記念基礎研究振興財団の由来
 「増屋」は当財団設立者である前泉正信(前泉家)の江戸時代における屋号です。
 慶応年間に増屋清兵衛が安治川の改修で功を上げ、大坂加番であった丹後田辺藩主牧野豊前守より「前泉」の名字を頂き 帯刀を許されました。清兵衛は西宮で両替商を営むかたわら、灘の酒造業者の世話役などにも従事し 酒類取締条例の草案を作成するなどしておりましたが、明治の中頃には、前泉家は一度凋落し困窮の極みに追い込まれた時期もありました。
 時は流れ昭和27年、先代の前泉澤央が国元商会(現株式会社国元商会)を創業しました。当初はボルトやナットの製造・販売を行っていましたが、次第に建設関係の金物に特化していきました。昭和40年には型枠締付金物の開発に成功し、特許「KSタイ」を世に出しました。さらには鉄骨用仮設緊結金物「コ型クランプ」の開発により、平成6年に技術の勲章 科学技術庁長官賞の受賞に至りました。
 このような当財団の由来に思いを致し、これからの社会の繁栄に役立つ研究に取り組もうと志す方々に、研究資金などを提供して参りたいと思います。

事業内容
本法人は、次の各号に掲げる事業を行います。
 1. 工学の基礎研究に関する研究開発に対する助成
 2. その他この法人の目的を達成するため必要な事業


 2022年度研究助成金の応募期間は終了しました。
   応募期間:2022年2月25日(金)〜2022年4月8日(金)
          ※期日厳守、当日消印有効
   詳しくは、2022年度 研究助成募集要項 をご参照ください。


 ※2022年度(今年度)は、
   京都大学大学院 工学研究科 材料化学専攻 倉橋拓也 准教授
   大阪大学 大学院薬学研究科 医薬品創製化学講座 佐古真 助教
   奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科
     バイオサイエンス領域 渡辺大輔 准教授
   京都大学 大学院人間・環境学研究科相関環境学専攻
     分子・生命環境論講座 藤田健一 教授
   京都工芸繊維大学 分子化学系 化学工学研究室 堀内淳一 教授
   奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科
     情報機能素子科学研究室 來福至 助教
   大阪大学大学院 理学研究科 高分子科学専攻 小林裕一郎 助教
   立命館大学 生命科学部生物工学科 構造生命科学研究室 松村浩由 教授
   立命館大学 理工学部機械工学科 吉岡修哉 准教授
   立命館大学 理工学部機械工学科 エネルギ一変換デバイス研究室 渡部弘達 准教授
   大阪大学大学院 工学研究科応用化学専攻 テニュアトラック 岡弘樹 助教
   兵庫県立大学大学院 工学研究科 電気物性工学専攻 多田和也 准教授
   京都大学大学院 理学研究科化学専攻 金相学分科 植田浩明 准教授
   奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科
     機能有機化学研究室 林宏暢 助教
   京都大学大学院 工学研究科 化学工学専攻
     エネルギープロセス工学講座 田辺克明 准教授
   神戸大学大学院 理学研究科 化学専攻無機化学講座 橋一志 准教授
   大阪公立大学 工学研究科 環境保全工学研究グループ 大久保雅章 教授
   奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科
     有機エレクトロニクス研究室 辨天宏明 准教授
   京都大学大学院 エネルギー科学研究科
     国際先端エネルギー科学研究教育センター 岡崎豊 助教
   大阪公立大学 大学院工学研究科 物質化学生命系専攻応用化学分野
     物性有機化学研究グループ 大垣拓也 特任助教
   京都大学大学院 工学研究科 化学工学専攻反応工学分野 藤墳大裕 助教
   京都大学大学院 工学研究科 社会基盤工学専攻 奈良禎太 准教授
   兵庫県立大学 高度産業科学技術研究所 機能性マテリアル物性講座 神田一浩 教授
   大阪公立大学大学院 理学研究科 有機化学講座 小嵜正敏 教授
   京都大学 工学研究科物質エネルギー化学専攻 機能性材料化学分野 西直哉 准教授
   京都大学大学院 工学研究科 量子機能工学講座 石井良太 助教
                            順不同

   56件の応募があり、上記26名の方に助成金の交付を行いました。

   今後 益々 研究活動に尽力され、社会に貢献されることを期待しております。

 ※今年度及び過去の交付実績はこちらをご参照ください (詳細



概要
 2017年02月01日     一般財団法人 増屋記念基礎研究振興財団 を設立しました。                
 2020年03月31日  当財団は 内閣府より公益財団法人の認定をうけました。
 2020年12月21日  当財団の事務所を大阪市中央区高麗橋に移転しました。
 2021年12月
 
 当財団の英語表記は、Masuyakinen basic research foundation 
 といたします。



所在地及び連絡先
当財団は、2020年12月21日 大阪市中央区高麗橋に事務所を移転しました。

(新住所):
〒541-0043大阪府大阪市中央区高麗橋三丁目1番8号 国元高麗橋ビル 9階
公益財団法人 増屋記念基礎研究振興財団 事務局
TEL:06-6231-8160 / FAX:06-6231-8168  担当:竹谷、橋本


(旧住所):
〒538-0041 大阪府大阪市鶴見区今津北三丁目4番27号